« 事業を始めると決めたら・・・・(2) | トップページ | 事業を始めると決めたら・・・・CVP分析利用例 »

2012年9月28日 (金)

事業を始めると決めたら・・・・(3)

皆様、こんにちは。

前回は、「ボトムアップ方式」に基づいた利益計画における、

- いくら売って

- いくら仕入れれば

- いくら儲かる(利益が出る)

という関係についてお話しました。

適切な利益計画を策定するためには、単純に売上高及びコストを見積もっていく方法では、

● 利益を出す(事業が縮小せずに継続できる)ためには、いくら売らなければならないのか

● 売上高がいくらを下回ったら事業を継続できなくなるのか

について明確とはなりませんので、上記の関係を把握するための分析手法が必要となります。

その一手法として、CVP分析(Cost-Volume-Profit Analysis、損益分岐点分析を含む概念)があります。

短期利益計画においては、生産量・販売量(以下、“営業量”といいます)、コスト、利益の相互関係についての情報が役に立つのですが、経営者・事業者にとって、営業量はコントロール可能な重要な要素です。

こで、営業量を変化させたときに、コストがどう変動するのかを予測できれば、獲得する利益についても予測し、コントロールすることが可能なのです。

とすると、コストは営業量の変化に応じてどのように反応するかという観点から、コストを「変動費」と「固定費」に分類する必要があります。

例えば、ケーキを作る際に必要となる、
・小麦粉
・卵
・バター
・砂糖
・果物

などの材料費は、ケーキを10個作る時には1個作る時の10倍かかってしまいますから(*)、「変動費」と考えます。
(注: *この話の前提として、歩留まりについては無視して考えます。)

また、ケーキをたくさん作ると、

・電気

・ガス

・水

もたくさんかかります。

でも、作るケーキの量が多いと少ないとに関わらず、お店を明けておくために使う照明や暖房、水もあります。

ケーキの量に応じて変化する部分は「変動費」、ケーキの量に関係なく発生する費用を「固定費」として分けて行けばよいのです。

人件費や家賃も、突然営業量が増えて社員を倍にしたり、借りている店舗を増やしたりすることがなければ、「固定費」と考えてよいでしょう。

このようにして、コストを「変動費」と「固定費」に分け、売上高と利益との関係を図にすると、以下のようになります。

20120928_3

上記の図の、赤線(売上高)青線(変動費と固定費の合計)が交わるところ(図では紫の●点)は、売上高=コストの点であり、利益が±ゼロの地点を示します。

つまり、図の紫の●点よりもたくさんの製品・商品を売らないと、利益が出ないのです。

そして、紫の●点よりも右側、つまり紫の●点よりもたくさん売った場合に発生する利益は、図の黄色で囲んだ三角の面積で求められることになります。

短期利益計画においては、当然紫の●点よりも右側の売上高を目標として設定する必要があります。


・・・・このように、CVP分析(損益分岐点分析)では、事業を継続していくためにはいくらの売上を上げなくてはならないか、コストをどれだけに抑えなくてはならないのか、についてが明らかになります。

事業を始めようと決めたとき、このように売上高・コスト・利益の関係を分析し、意思決定のための一指標とされることをお勧めいたします。


************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 事業を始めると決めたら・・・・(2) | トップページ | 事業を始めると決めたら・・・・CVP分析利用例 »