« 事業開始の際にまず初めに決めること | トップページ | 事業を始めると決めたら・・・・(2) »

2012年9月26日 (水)

事業を始めると決めたら・・・・(1)

皆様、こんにちは。

前回は、「事業を始めたい」と考え始めたばかりの知人のケースについて書きました。

さて、「事業を始める」と決めたら、次は何をしたら良いでしょうか。

余程の例外を除いては、事業を始めようという時は誰しも、その事業を将来に向かってずっと続けて行きたいと願っているはずです。
それには、利益を獲得し、管理していかなくてはなりません。

そこで、まず、中・長期利益計画を立てることが大切です。

中・長期利益計画は、例えば3年~5年先の事業のあるべき姿(=ビジョン)を構想する計画です。
具体的には、○年後には□□人の従業員を雇い、△△設備を入れて製品の種類をいくつに増やし、店舗数も×店舗に増やす・・・・といったプランを考えていくのです。

次に、この中・長期利益計画を達成するためには、「1年目はいくらの利益が欲しいか」が決まってきて、そのためには1年目にどれだけの製品をつくって販売しなくてはならないか、などが見えてきます。

つまり、

年間目標利益)  =(年間目標売上高)-(年間予定経費
 
↑確保すべき利益

となります。

このような考え方を、「トップダウン方式」と言います。

ここまで考えてくると、将来の事業についてのビジョンが広がってきて、多少の環境の変化や変動があっても、究極的な目標に向かって自分が何をしなければならないのか、ということに注力する姿勢が出来やすいのです。

ただし、トップダウン方式の考え方は、えてして理想に走ってしまうという面もありますので、現実的なプランニングを行うという観点から、「ボトムアップ方式」による利益計画も検討することが大切でしょう。

ボトムアップ方式」による利益計画については、次回ふれることにしましょう。

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 事業開始の際にまず初めに決めること | トップページ | 事業を始めると決めたら・・・・(2) »