« 税理士の役割(納税の権利と義務-ひとり言-) | トップページ | 必要な資金はどこから集めますか?(個人) »

2012年10月23日 (火)

開業に当たって必要な費用は?(個人)

皆様、こんにちは。

事業を始めようと決心し、

- 誰に

- 何を

- どのようにして売るのか

が大体決まって来て、どこで、いつ頃から事業をスタートするのかのアウトラインが固まって来たところで、考えなくてはならない重要なものは、

  「開業資金」、つまり、お金

です。

開業する前に、開業時に一時的にかかる費用(=開業準備資金)だけでなく、開業後に発生する費用(=運転資金)も考慮に入れる必要があります。


まず、開業準備資金として、どのような費用が必要となるでしょうか。

●(賃貸の場合)事務所・店舗の権利金、保証金

●(建設・購入の場合)事務所・店舗の建築費、取得費用

●事務所・店舗の改装費用

●看板、ポスティング費用

●家具、厨房機器、什器、消耗品

●開店時の製品・商品に必要な仕入代

などが必要となるでしょう。

開業準備資金は、将来の利益を生み出す源泉となる重要なものですが、事業を行っていくと共に回収することが必要ですので、必要最低限に抑えるということも大事だと思います。


そして、開業してからの運転資金についても、半年程度は準備しておきたいものです。

商売の大きさ(=営業の量)に比例して変動するものとして、

●材料費、仕入代

●外注加工費

などが、

営業の量とは関係なく、常に一定金額発生するものとしては、

●人件費(給料、パート・アルバイト代)

●家賃

●水道光熱費

●リース料

●広告宣伝費

●借入金返済のための資金

などがあり、これに加え、

●事業主の当面の生活費

も考慮に入れておいたほうが良いです。


開業資金のどの項目が必要になるかについては、ご自分が、

 
☆ 何の商売を

 ☆ どのような形態でやっていきたいのか

により変わってきますので、資金のプランを立てる際には、

 
☆ 具体的に

 
☆ 考えられる限りの項目

を洗い出して、一覧表にしておくことをおススメします。



************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 税理士の役割(納税の権利と義務-ひとり言-) | トップページ | 必要な資金はどこから集めますか?(個人) »