« 税金が返ってくるの?(英語こぼれ話) | トップページ | 外国人の税務~その2: 非居住者の税務①~ »

2012年11月12日 (月)

外国人の税務~その1: 納税者の区分~

(以前UPした記事が消えてしまったので、改めて書き直しました。)

皆様、こんにちは。

外国人の方々って、どのように課税されているのだろう(⇒逆に言えば、海外に赴任している日本人はどんな風に課税されてくるのか)、と疑問に思うことはありませんか?

日本にいる外国人の方の税務は、日本人よりも課税の仕方が少し複雑です。

日本の所得税法において、税金を納めなくてはならない個人の納税義務者は、まず、

居住者

非居住者


とに区分されます。


居住者は、さらに、

a) 非永住者



b) 永住者

とに区別されます。


a) 非永住者は、

「日本の国籍を有しておらず、かつ、過去10年以内において、国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下の個人」

を言います。


また、b) 永住者は、

「国内に住所を有し又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人のうち非永住者以外の者」、

つまり、

「過去10年以内において、国内に住所を有し又は居所を有していた期間が5年超の居住者」

です。


以前は、非永住者永住者は、

- 日本に永住する意思があるかどうか

- 日本に引き続き5年超居住していたか

という基準で区別していました。

しかし、日本における永住者と判断されると、非永住者と比べてたくさん税金を納めなくてはならない(*)ため、永住者とみなされないように5年以下でいったん帰国し、また改めて入国するという方法をとり、税金逃れをしようとするケースが多発したため、平成18年度税制改正で、「国籍の有無」と、「過去10年間で5年超居住」という基準に改められました。

(*)永住者の課税の詳細については、次回以降に説明いたします。


なお、②非居住者は、

 「居住者以外の個人」

を言います。


次回以降、それぞれの課税の仕方について書きたいと思います。

(続く)

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 税金が返ってくるの?(英語こぼれ話) | トップページ | 外国人の税務~その2: 非居住者の税務①~ »