« 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます | トップページ | 突然ですが、似顔絵に変更いたしました »

2013年1月 6日 (日)

外国人の税務~その8: 居住者(非永住者)の給与所得~

皆様、

あけましておめでとうございます

本年も精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます



さて、前回は、非永住者が課税される所得の範囲について書かせていただきました。

今日はその中で、役員報酬と給与等の説明をさせて頂きます。


非永住者が日本で課税される所得の範囲は、

「国内源泉所得及びこれ以外の所得で国内において支払われ、又は
国外から送金されたもの」

です。

従いまして、外国人の方が内国 法人(*)の役員以外の場合、以下のケースにおいては、、、、

Blog_image_20130106
(b)となります。


なお、外国人の方が内国法人(*) の役員(使用人兼務役員を除く)の場合、内国法人の役員として受け取る報酬については、全額国内源泉所得(つまり、原則として国外滞在日数に対応する部分を差し引くことはできない)となります。

(*) 外国法人の役員の場合は関係ありません。


また、外国人の方が、内国法人の役員(使用人兼務役員を除く)として勤務(国内払)する他、海外親会社等からも給与を受け取っている場合(国外払)は、

・国内払+国外払で内国法人に付替えのあった金額は、内国法人の役員としての報酬

・国外払で内国法人に付替えのない金額は、その海外親会社等の使用人としての給与

と扱うことが妥当でしょう。

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます | トップページ | 突然ですが、似顔絵に変更いたしました »