« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

近況報告~自分がやりたいこと~

皆様、こんにちは。

最近ブログの更新が滞っていまして、

「一体、外国人の税務の話の続きはどうなっているのか

というお言葉も頂戴しております。大変申し訳ございません。m(_ _)m

今日は、近況報告を致します。

(税務のお話は、次回以降続けさせていただきます


私のところへ、時々、

 自分で事業を始めたい

 お店を持ちたい

と相談に来られる方がいらっしゃいます。

そんな時は、その方がどんなことをやってみたいのか、将来に対してどんな夢を持っているのかを、できる限りたくさんお聞きします。

そして、その方が、例えば資金繰りの問題などで事業を始めることをためらっている時、私はいつも迷わず、

「ご自分が、誰に、何を、どのように提供したい(売りたい)のか、自分の夢をもう一度確かめてみてください。
ご自分の希望を全部実行するのが現実的に難しいようであれば、自分が譲れないものは何なのか、妥協できるものはどれなのか、から考えましょう」

と申し上げておりました。


そんな自分自身に、先日、ある話が舞い込みました。
それは、傍目から見たらとっても条件の良いお話、そして、今の私にとってはとてもありがたいお話なのだろうと思いました。
しかし、その道に進むとなると、自分が長年勤務してきた事務所をわざわざ辞めてまでやりたいと思ったこと、今新しく開拓しようとしていることが大きく制限されるだろうということがわかりました。
お客様には迷わず自分自身の夢を優先することをお勧めしているのに、自分にそのような話が来た途端、正直なところ心が少し揺れました。
心の揺れを抑えながら、自分がなぜ独立したのかを改めて自分自身に問いただし、このお話を辞退しても今後一切後悔しないと言えるかどうか、一つ一つの要因を考えました。

やっぱり、自分が独立してお客様に提供したいと思っていたこと、これから挑戦したいと思っていることを、たとえ一歩ずつでも、一生懸命追及して行きたいと改めて決心致しました。
そして、先日、そのお話を辞退させて頂きました。


これからも、自分にできることから誠心誠意頑張って、少しでも多く地元に貢献できるよう精進したいと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

2013年1月10日 (木)

突然ですが、似顔絵に変更いたしました

皆様、こんにちは。

突然ですが、今まで顔写真をブログに掲載しておりましたが、今回、新しい似顔絵に変更いたしました


プロのイラストレーターの方に描いていただきましたので、

  「本人よりもかわいすぎる

などというコメントは、当方では受けかねます。。。。


今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 ※今日はこれだけ()です。スミマセン m(_ _)m

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

2013年1月 6日 (日)

外国人の税務~その8: 居住者(非永住者)の給与所得~

皆様、

あけましておめでとうございます

本年も精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます



さて、前回は、非永住者が課税される所得の範囲について書かせていただきました。

今日はその中で、役員報酬と給与等の説明をさせて頂きます。


非永住者が日本で課税される所得の範囲は、

「国内源泉所得及びこれ以外の所得で国内において支払われ、又は
国外から送金されたもの」

です。

従いまして、外国人の方が内国 法人(*)の役員以外の場合、以下のケースにおいては、、、、

Blog_image_20130106
(b)となります。


なお、外国人の方が内国法人(*) の役員(使用人兼務役員を除く)の場合、内国法人の役員として受け取る報酬については、全額国内源泉所得(つまり、原則として国外滞在日数に対応する部分を差し引くことはできない)となります。

(*) 外国法人の役員の場合は関係ありません。


また、外国人の方が、内国法人の役員(使用人兼務役員を除く)として勤務(国内払)する他、海外親会社等からも給与を受け取っている場合(国外払)は、

・国内払+国外払で内国法人に付替えのあった金額は、内国法人の役員としての報酬

・国外払で内国法人に付替えのない金額は、その海外親会社等の使用人としての給与

と扱うことが妥当でしょう。

************************************************************
小笠原会計事務所
公認会計士 税理士
小笠原 薫子
URL: http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp
お問い合わせはこちらから↓
http://ogasawara-accounting.my.coocan.jp/index5f.html

************************************************************

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »